ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

パックツアーや観光旅行では物足りない。だけど、就労ビザは取得が困難だし、留学も資金面・学力面ともになみなみならぬ努力がいる。こんな悩みをかかえるあなたのために、「ワーキングホリデー」制度を大解剖してみた。

ワーキングホリデーって何?
どの国に行けるの?
ワーキングホリデーを実現させる3か条
どんな仕事があるの?
その他ワーキングホリデーでできること

ワーキングホリデーって何?
 

ワーキングホリデー制度の目的は、若者の異文化体験と国際理解の促進だ。2国間で協定を結び、お互いの若者に最長1年間の滞在を許可する。滞在期間中は、旅費を補う目的で補助的な仕事につくこともできるし、国によっては一定期間語学学校に通えるし、ボランティア活動に参加することもできる。多感な若い時期に様々な海外体験を積みたいという人に向いている制度だ。

どの国に行けるの?
 

日本が現在、ワーキングホリデーの協定を結んでいるのは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、韓国、フランス、ドイツ、デンマークの9か国。対象は、日本国籍を持ち日本に住んでいる18歳から30歳まで(一部の国は25歳まで)の、ビザ発給に各国から求められる条件にあてはまる人。ただし、最近はワーホリの人気は非常に高く毎年抽選になっている国もあるので、条件をクリアしているからといって申しこめば必ずビザが発給されるとは限らないので注意。

ワーキングホリデーを実現させる3か条
 
1:滞在中の行動計画

まずは、自分が何をしたいのか、どこで何ができるのか、情報を集めつつよく考えよう。1年間はあっという間。限られた滞在期間は有効に使わないと!

2:確実な経済計画

現在の預金高、現地での生活費、旅費、現地でのアルバイト収入などについてきちんと計算して見通しを立てる。旅先で収入のいい仕事が偶然みつかるようなことはあまりないので、旅だけが目的でなければ、日本でできるだけ情報を集め、準備をしておこう。

3:英語の勉強

ワーキングホリデーは留学ではないが、それなりの言語能力は必要だ。言葉がまったくできない状態で現地に行っても、効果的なコミュニケーションは期待できないし、できる仕事や体験も非常に限られてしまう。

どんな仕事があるの?
 

つける職種は、個々人の語学力や行き先などでかわるが、比較的日本人が見つけやすいアルバイトには免税店販売員、日本食レストランや日系旅行代理店のスタッフ、ベビーシッター、日本語教師アシスタント、農場の手伝いなどがある。スキューバダイビングの資格があればインストラクターのアシスタントや、ガイドなどの仕事ができたりと、資格があれば間口は広がる。経験者は有利なので、日本での就労経験を生かせそうな場合は、面接で積極的にアピールするとよい。仕事の情報は、現地の日系新聞や雑誌の広告、口コミ、日本食レストランや日本食料品店の掲示板、またはワーキングホリデー向けの情報センターなどに出ている。


その他ワーキングホリデーでできること

ワーキングホリデーでは、様々なことが体験できる。その一端を以下に紹介すると…。


日本語アシスタント教師ボランティア

オ−ストラリア、ニュ−ジ−ランド、カナダでは、小学校・中学校・高校で日本語を勉強する学生が増えており、それに伴って日本語アシスタント教師ボランティアの機会を増えている。現地到着後、日本語教師準備コースで日本語の教え方のノウハウを学んでから小学校・中学校・高校で日本語教師のアシスタントとして先生のお手伝いをしたり、自分で授業のカリキュラムや教材を作成して授業を行ったりする。

社会福祉ボランティア

現地の病院や福祉施設でのボランティアプログラム。参加者の多くは20代の女性で、看護婦や大学で福祉・医学を専門的に学んでいる人から、社会福祉関係で働いたこともボランティア活動もしたことがない人までさまざま。オーストラリアの医療や福祉のシステムは、お金をあまり使わない「中福祉・中負担」システムとして、高齢化の進む日本で注目されている。

グリーンボランティア

環境NPOが提供するプログラム。ロッジやファーム、テントで共同生活をしながら、植林、種子の採集、種まき、遊歩道の修理・建設、橋の建設などに従事する。参加者の多くは、イギリスやデンマーク、オランダ環境保護意識の高い国から来た若者たち。日本人は1割程度。リーダーが中心になって世界遺産に指定されている特別な場所や密林の奥まで行くこともある。

スキューバダイビングのインストラクター&資格取得

世界中からダイバーが集まるオーストラリア・ケアンズのグレート・バリア・リーフをはじめ、各地でスキューバダイビングのインストラクター資格が取得できる。日本の半値くらいの料金も魅力。資格取得後にダイビンググッズ店などでそのままアルバイトする人も。

スキー・スノーボードのインストラクター&資格取得

スキーリゾートとして名高いウィスラービレッジ(カナダ)をはじめとする各地のゲレンデでは、スキー&スノーボードのインストラクターとして働くワーホリ君も大勢いる。各国の資格取得プログラムをパスして、ダイビングと同様、そのままインストラクターのバイトをするのも魅力的だ。


ワーキングホリデー 現地サポート

自分で考え行動できる人にピッタリのワーキングホリデーだが、それでも何かと外国は心細いもの。いざという時のために、日本の様々な留学&海外生活支援業者が提供する現地サポートにどんなサービスがあるのかを知っておくのも安全確保の一つ。代表的なサービスを以下にあげる。

●現地到着時空港出迎えサービス
●ホームステイ(又は滞在)先までの送迎サービス
●習慣・マナー・地理など生活するための基本事項についてのオリエンテーション
●現地での就職相談と情報の提供および英文履歴書の作成や面接のノウハウ
●滞在先の手配・紹介
●語学学校の紹介、手続きの代行
●24時間電話相談サービス
●携帯電話申し込み代行
●インターネット無料接続
●郵便物・荷物等の一時預かり
●FAXの預かり
●国内外旅行の手配
●銀行口座の開設
●領事館への在留届
●会計士の紹介や税金相談

基本情報

ワーキングホリデー特集

特集バックナンバー

ワーホリ生活をもっと面白くするために、「日本」をキーワードにしたワーホリ生活のカタチを紹介。

詳細を見る

特集一覧はこちら

イベント情報

海外で暮らす体験談

ワーキングホリデーに関するイベント情報をチェック。

詳細を見る

海外を知る・聞く

ワーキングホリデー体験談

ワーキングホリデー体験談

先輩達のリアルなワーキングホリデー体験談を読もう。

詳細を見る
海外滞在者ブログ!

海外滞在者ブログ!

世界各国の生の情報をゲットしよう。

詳細を見る

お役立ち情報

リンク集

リンク集

情報収集のためのサイトなど、留学・海外生活に関するリンク集。

詳細を見る
留学に必要な英語試験

留学に必要な英語試験

TOEFL、IELTSなど、留学に必要な英語試験をチェック!

詳細を見る
海外スクールサーチ

海外スクールサーチ

自分に合った海外の語学学校、大学&カレッジ、中学&高校を探そう。

詳細を見る
トラベルイングリッシュ

トラベルイングリッシュ

毎日5分、さまざまな場面のトラベル英会話を学ぼう!

詳細を見る