• 求人情報はこちら
  • 求人掲載はこちら
Section Top
ビジネス英語
求人情報Top
Classified
英語が活かせる仕事
外資系転職、
英語を使う仕事を探す
求人広告掲載
TOEIC Features
TOEIC関連特集
TOEICテスト虎の穴
履歴書に書かない方がいいスコアとは?
新TOEICテストの全て
書く・話すTOEICテスト
Business English Counselling Room
ビジネス英語なんでも相談室
Interview
HRマネージャー
インタビュー
Weekly Business English
5分間ビジネス英語 Weekly レッスン
Business English Seminar
ビジネス英語講座
英文履歴書の書き方
英語面接サクセス講座
面接の落とし穴とツボ
英語面接で聞かれる7つの質問
ビジネス文書の書出し
ビジネス本レビュー
英語でビジネス体験談
国際派ビジネスパーソンのリンク集
Business English Basics
ビジネス英語基礎講座
英文レターの書き方
英文FAXの書き方
ビジネス文書の書き方
ビジネス文書の書出し
英文eメールの書き方
英語の顔文字
英語の携帯メール省略語
英語のビジネスメール省略語
テレフォン英会話
Business English Vocabulary
ビジネス英単語
役職名
職業/職場/業種
事務用品
経営・管理
雇用・人事
給与
部署名
取り引き
数字
グラフ
Business English Media
ビジネス英語が
学べる媒体
Daily Yomiuri
Time Magazine

5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
英語ができる著名人インタビュー
海外ドラマで英語学習
映画で英語を学ぼう
バイリンガルベストセラーで学ぶ
英語学習グッズ
英語カルチャーを知る
国内海外スクール検索
翻訳・通訳になるには
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組

英語の資格試験
データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集



How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
 
英会話に即、役立つ!

英語タウンの無料メルマガ

英語のヒントを無料登録する
Jobs 新着求人ニュース:
TOEIC スピーキングテスト/ライティングテスト開始
「話す力」「書く力」を測るためのテストがついにTOEICブランドに登場! TOEICテストが「リスニング」と「リーディング」の問題からなるのに対し、新しいテスト、「TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト(以下TOEIC SWテスト)」は、文字通り「スピーキング」と「ライティング」の力を試すものになっている。コンピューターの画面に表示されたり音声で聞こえてくる問題に、マイクやキーボードで解答を行うという形式だ。2007年1月開始のこのテストの最新情報をレポートしよう。
Page 1:英語タウン編集部が体験! これがTOEIC SWテストだ!
Page 2:TOEIC SWテストを受けるための基礎知識
Page 3:サンプル問題に挑戦!
英語タウン編集部が体験! これがTOEIC SWテストだ!
TOEIC SWテストその開始にあたり、その公式ホームページでは「TOEICプラクティスオンライン:スピーキング/ライティング(TOEICスピーキング/ライティングオフィシャルプラクティステストより名称変更)」が提供(有料)されている。これは、本番と同じ形式・数の問題を自宅のPCから受験できるというもの。英語タウン編集部がこのテストを受験、問題形式から解答法まで、しっかり把握してきた。


まずはマイクやヘッドフォンの音量をチェック
さあ、本番スタート!
スピーキングとライティングのテストは続けて行われる。まずはスピーキングからスタート。コンピューターを使って、マイクやヘッドフォンの音量を自分で調整する時間があるので、その間に心の準備ができる。

スピーキングのテスト時間は約20分で全部で11問。スタートボタンは自分で押すようになっている。最初に現れたのは「音読問題」2問(書かれている文章を読み上げる問題)。これで口慣らしができるので、ちょっと安心。

画面の中央には残り時間が表示されている
しゃべってみると意外に長い「45秒」
音読問題が終わると、次はTOEICテストのリスニングセクションPart 1で見慣れた「写真描写問題」が1問出題される。SWテストでは、与えられた単語を使って、自分で写真を描写する。

本番前に、写真を見ながら言うことを考える「準備時間」(30秒)がある。本番の録音時間は45秒。タイマーで残り時間が表示されるのだが、 この45秒が意外に長い。準備時間の間に、言うべきことをできるだけたくさん考えておくことがこの問題の対策のポイントになりそうだ。

質問を聞くためにはリスニング力も必要
スピーキングの最後2問は超難関!
次に、文字と音声メッセージが流れる応答形式の問題が3問。日頃の習慣などについて自由に答えるもので、単語さえうまく出てくれば、会話をしている気分で楽しく答えられそう。その後、TOEICテストのリーディングセクションPart 7のような、広告などの文書を読んで英語の質問に答える問題が3問。この質問は文字では出てこないので、リスニングの力が必要になる。

そして、最後の2問が超難関。結構な長さのメッセージを聞いて、それについて「問題解決策の提案」をしないといけなかったり、「○○についてどう思いますか?」という大きなテーマに対して、自分の意見を一から組み立てて話さないといけなかったりする。英語を話すだけでなく、リスニング力や話の構成力など、様々な力が問われるテストだと思った。

やっとキーボードの出番
ライティングも最初は簡単?
スピーキングが終わると、約1時間で8問を解くライティングテストをスタートさせる。最初はこちらも「写真描写問題」が5問。キーボードで文字を入力して答える。声はその場で消えてしまうが、文字はちゃんと目で見えるので、何となく安心(ただし、キーボードは英語圏の配列で、記号の打ち方などがちょっと違う。テスト時に配布される配列表を参考に)。

さらに、Eメールを書く問題が2問。送られてきたメールに返事を書く、現実のビジネスの状況に近い問題だ。1問につき10分あるので、割合余裕。「やっぱり署名も必要?」なんて後から足してみたりしたが、採点対象にはならないかも…。

300ワード以上だと、回答欄(右側)がぎっしり埋まる
ラストは本物の英文リポート並み!
ここまで楽勝(?)だっただけに、最後の問題にビックリ! 与えられたテーマについて自分の意見を書くのだが、“an effective essay will contain a minimum of 300 words”(効果的なエッセイは最低300ワードある)なんて書いてある。これって、ぜひ300ワード以上書きなさいということ?!

英語で300ワードなんて、単に英語を打ち込んでいるだけで軽く10〜15分かかってしまう。それを30分以内に、ちゃんとした文章にまとめないといけないなんて…。書き終わるともう、グッタリという感じだった。
テストを終えて
リスニング/リーディングのTOEICテストでは、語彙や文法などについて比較的細かい知識も問われる。ところが、このSWテストではどんな語をどう使うかは、ほぼ受験者まかせ、言うこと/書くことそのものもかなり自由で、何を言えば/書けばいいか、という内容自体を問われている感じだ(実はそれも、スピーキング力/ライティング力の一部?)。

担当者によると、「実際に英語を使う状況により近いテストになっている」とのこと。このテストを受けることで、日頃、スピーキングとライティングの力を上げるにはどんな学習をすればいいのか、何らかの手ごたえがつかめそうだ。なお、TOEIC SWテストの公式サイトにサンプル問題が掲載されているので、本番のつもりで一度解いてみよう。どんな対策を立てればいいか、きっとヒントが見つかるだろう。
スコアが届いた!(後日談)
TOEICプラクティスオンライン:スピーキング/ライティングの結果は、受験から2〜3週間後にインターネットで閲覧可能になる。スピーキングとライティングそれぞれに対して、「予想スコア範囲」と「弱点」「学習アドバイス」が出る。

私の予想スコア範囲はスピーキング「160〜200点」、ライティング「170〜200点」(各200点満点)と出た。これは、今後、学習を重ねれば、本番での高スコアも夢ではないかも?

また、「自分が話した英語を録音し、それを書き写して読んでみる」といったように、かなり具体的なアドバイスが書かれていた。オフィシャルプラクティステストを受けるだけで、かなり勉強の指針ができそう。さらに、「本番までがんばって勉強してみよう!」という意欲にもつながりそうだ。
TOEIC対策教材インフォメーション
CNN English Express
CNNで放送されるような生の英語を聞き取りたい!」そんな憧れを実現するための学習誌。
新TOEIC対策の新定番! オンライン学習だからできる自分だけの弱点克服対策。たっ た¥2,940で実現可能!

Next→

Page 2ではテストを受けるための基礎知識をチェック!

Page 1 / 2 / 3


TOEIC is a registered trademark of Edcational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.