• 求人情報はこちら
  • 求人掲載はこちら
Section Top
ビジネス英語
求人情報Top
Classified
英語が活かせる仕事
外資系転職、
英語を使う仕事を探す
求人広告掲載
TOEIC Features
TOEIC関連特集
TOEICテスト虎の穴
履歴書に書かない方がいいスコアとは?
新TOEICテストの全て
書く・話すTOEICテスト
Business English Counselling Room
ビジネス英語なんでも相談室
Interview
HRマネージャー
インタビュー
Weekly Business English
5分間ビジネス英語 Weekly レッスン
Business English Seminar
ビジネス英語講座
英文履歴書の書き方
英語面接サクセス講座
面接の落とし穴とツボ
英語面接で聞かれる7つの質問
ビジネス文書の書出し
ビジネス本レビュー
英語でビジネス体験談
国際派ビジネスパーソンのリンク集
Business English Basics
ビジネス英語基礎講座
英文レターの書き方
英文FAXの書き方
ビジネス文書の書き方
ビジネス文書の書出し
英文eメールの書き方
英語の顔文字
英語の携帯メール省略語
英語のビジネスメール省略語
テレフォン英会話
Business English Vocabulary
ビジネス英単語
役職名
職業/職場/業種
事務用品
経営・管理
雇用・人事
給与
部署名
取り引き
数字
グラフ
Business English Media
ビジネス英語が
学べる媒体
Daily Yomiuri
Time Magazine

5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
英語ができる著名人インタビュー
海外ドラマで英語学習
映画で英語を学ぼう
バイリンガルベストセラーで学ぶ
英語学習グッズ
英語カルチャーを知る
国内海外スクール検索
翻訳・通訳になるには
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組

英語の資格試験
データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集



How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
 
英会話に即、役立つ!

英語タウンの無料メルマガ

英語のヒントを無料登録する
Jobs 新着求人ニュース:
Special Feature
TOEICスコア 履歴書に書かない方がいい レベルとは?

今や外資系企業への就職・転職にTOEICスコアは必須の時代。さらに日本企業でも、採用や昇進に一定のTOIECスコアを要求するようになってきた。
だが、実際に海外やビジネスで使えるTOEICスコアは一体どのくらいなのだろうか?


TOEICスコア 参考スコア 実際の能力 他テストとの比較
990点 ネイティブと間違われる!?  
      国連英検特A級
940点 教養のあるネイティブの平均   英検1級
900点 韓国LG・新入社員平均 日常会話や業務が英語でこなせる 国連英検A級
      英検準1級
800点 韓国HYUNDAI新入社員足きり点数
日立製作所・幹部の期待値
日常会話や海外でトラブルにも対処できる
 
790点 外資系求人サイトでの応募資格としてTOEICスコアを必要とする企業の平均  
700点 伊藤忠・大卒入社 仕事や海外で最低限のコミュニケーションがとれる
国連英検B級
650点 国際ビジネスコミュニケーション協会(TOEICを運営)会長スコア   英検2級
600点 日本IBM・課長相当職の条件 海外旅行で買い物ができ、食べたいものをオーダーできる
 
500点 企業が新卒者に求めるスコア  
450点 日本の大卒新入社員平均(海外経験なし) 英検準2級
    海外旅行で英語の標識が読める  
300点以下 英語が苦手だった大卒者 英語でのコミュニケーションはかなり難しい(はっきり言うと、不可能?) 英検5級(中学初級程度・・・)

TOEICスコア、理想と現実!?

上の表の「参考スコア」を見るとわかるように、教養のあるネイティブの平均スコアは、900点台半ばとなっている一方、日本の大学新卒者(海外経験なし)の平均スコアは450点とかなり開きがある。日本企業でも、日立製作所・幹部の期待値(800点)などは高いスコアを要求されるが、新入社員や一般社員に高得点を課している企業は意外に少ない。

これに対して、日本に次いでTOEICの受験者数が多い韓国では、一流企業に入るために、かなりのTOEICスコアを必要とする。HYUNDAYでは、採用試験の足きりがなんと800点だという。実際に入社する社員の平均点は900点を超えると言うから驚きだ。他にも、LGの新入社員平均点も900点となっており、これは、「実用性のある英語」のレベルを、日本より韓国が高く考えている証しと言える。

では、TOEICスコアに対して、実際どのくらい話せるのだろうか。英語タウン編集部の取材及び調査の結果、次のような実態が見えてきた。まず、外資系企業で、会議や交渉など難無く業務をこなす場合は、900点以上のスコアが必要だ。仕事や旅先で、なんとか英語でやっていけるレベルは、750〜850点あたり。このレベルなら、トラブルが生じても、ある程度の対処が可能だ。600点程度なら、海外で買い物をしたり、レストランできちんとオーダーできるレベル。海外旅行を楽しむことが、英語を学ぶ主な動機の人は、600点を目指すのが現実的だ。400点以下になると、英語圏を旅行する場合にもかなり苦労する。英語を必要とする仕事に就くことはもちろん無理だろう。400点台の人は、履歴書にTOEICスコアを書くと、英語力のなさをひけらかすことになり、逆効果かも?!

ただし、TOEICのスコアは、受験者の海外経験の有無にも大きく左右される。例えば、900点以上あっても、ほとんど話せない人や、逆に日常会話はまったく問題ないが、試験勉強をせず、気軽に受験した留学経験者で700点しか取れない人などもいる。だが、半年〜1年以上の留学をした人なら、最低700点は取れるはずだ。いずれにせよ、TOEICで判定できる「読む」「聞く」能力だけではなく、「話す」「書く」能力をバランスよく兼ね備えていれば、TOEICスコアもおのずと高くなってくる。

 

人事のホンネ

採用する側の企業や、人材派遣会社の人事担当者は、TOEICスコアについてどのような意見を持っているのだろうか。現場でのTOEICについて、直撃取材をしてみた。


・外資系大手国際貨物輸送業社 人事部 Nさん

「『英語が使える仕事をしたいんですけど…』という問い合わせをよく受けますが、そんなときは『英語はどのポジションでも使うので、英語は当然として、他に何ができますか?』と答えますね(笑)。結局、英語はツールの一つでしかないですから。最低限のコミュニケーションが取れるレベルとしては、TOEIC600点くらいでしょうか? でも、それは仕事上の英語をこれから学ぶ潜在能力があるだろう、という目安に過ぎません。特に専門職の場合は、スコア云々より、経歴を重視します。英語力は、面接をすればすぐにわかるので、TOEICスコアは特に必要ではありません」


・ケンブリッジリサーチ研究所(人材紹介会社) シニアコンサルタント 佐藤さん

「TOEICは、英語の能力を示すものさしだとは思いますが、それ以上に職歴や経験が優先されますね。『英語がどのくらいできるか』より『英語で何ができるのか』ということが重要です。英語はツールに過ぎませんから。また、職種やポジション、日本企業か外資系かによっても必要な英語力は変わってきます。TOEICに関して言えば、外資系は、実務がこなせるかどうかを測るツールとして見ていますが、日本企業の場合、受験したという「積極性」を見たり、単純にスコアアップを評価して、報奨金を出すところもありますので、自分がどんな会社で何をしたいのかを明確にし、英語を学ぶことが重要ですね。」


・アイ・エス・エス サービスセンター(人材派遣会社) 米田さん

「TOEICは『読む』『聞く』の能力を測るテストなので、『話す』『書く』の部分は、企業に派遣する前にチェックさせてもらっています。今までの経験で、口頭英語運用能力が十分あると言えるのは、TOEIC900点以上の方が多いですね。たまに、700点台でも日常会話は問題ない方がいますが、やはりビジネスで使うにはサバイバルすぎる場合があります。それから、今はTOEICがもてはやされていますが、TOEIC900点より、英語面接のある英検1級を持っている方の方が、一般的には実力があると、弊社に登録している方を見ていて思いますね」