• 求人情報はこちら
  • 求人掲載はこちら
Section Top
ビジネス英語
求人情報Top
Classified
英語が活かせる仕事
外資系転職、
英語を使う仕事を探す
求人広告掲載
TOEIC Features
TOEIC関連特集
TOEICテスト虎の穴
履歴書に書かない方がいいスコアとは?
新TOEICテストの全て
書く・話すTOEICテスト
Business English Counselling Room
ビジネス英語なんでも相談室
Interview
HRマネージャー
インタビュー
Weekly Business English
5分間ビジネス英語 Weekly レッスン
Business English Seminar
ビジネス英語講座
英文履歴書の書き方
英語面接サクセス講座
面接の落とし穴とツボ
英語面接で聞かれる7つの質問
ビジネス文書の書出し
ビジネス本レビュー
英語でビジネス体験談
国際派ビジネスパーソンのリンク集
Business English Basics
ビジネス英語基礎講座
英文レターの書き方
英文FAXの書き方
ビジネス文書の書き方
ビジネス文書の書出し
英文eメールの書き方
英語の顔文字
英語の携帯メール省略語
英語のビジネスメール省略語
テレフォン英会話
Business English Vocabulary
ビジネス英単語
役職名
職業/職場/業種
事務用品
経営・管理
雇用・人事
給与
部署名
取り引き
数字
グラフ
Business English Media
ビジネス英語が
学べる媒体
Daily Yomiuri
Time Magazine

5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
英語ができる著名人インタビュー
海外ドラマで英語学習
映画で英語を学ぼう
バイリンガルベストセラーで学ぶ
英語学習グッズ
英語カルチャーを知る
国内海外スクール検索
翻訳・通訳になるには
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組

英語の資格試験
データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集



How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
 
英会話に即、役立つ!

英語タウンの無料メルマガ

英語のヒントを無料登録する
Jobs 新着求人ニュース:


日本の顔文字は英文メールでは通用しない
海外の友人にメールをするときに、顔文字「(^-^)」を送って、「どういう意味?」と聞かれたことはないだろうか? また、海外から英文メールをもらって、文章の最後の記号
:-) 」の意味がわからず、「は? 文字化け?」と思ったことはないだろうか? そう、実は日本の顔文字は日本人にしか通用せず、英語には英語用の顔文字が存在するのだ。そこで今回は、英語のメールやチャットでよく使われる顔文字を大特集。英語の顔文字を知って、英文メールで使いこなそう!

英語の顔文字は、横に読む!

顔文字は、英語でSmiley(スマイリー)やEmoticons(イモーティコンズ)と呼ばれている。EmoticonsはEmotional icons(感情を表すアイコン)の短縮形だ。

まず始めに、一番基本的な英語の顔文字から見ていこう。
これ、意味がわかるだろうか? わからない人は、ちょっと首を左に90℃傾けてみよう。コロン「」が目、ダッシュ「-」が鼻、とじ括弧「)」が笑っている口元を表しているのがわかるだろう。
このように、英語の顔文字のほとんどは、90℃傾けて見るように作られている。よくあるバージョンとしては、鼻のダッシュ「-」がなかったり、
目の部分に、コロン「」の代わりにイコール「」が使われたりする。

以下は、英文メールでよく使われている顔文字だ。この5パターンを覚えておけば、もらった英文メールに書かれた顔文字の意味が、だいたいわかるようになる。
:-(  Sad 悲しい
;-) Winking ウィンクしている
:-P Tongue out 舌を出してあっかんべー
:-D Big smile 満面の笑み
:-O Surprised 驚き

(泣)はどう表す? お役立ちの「*」マーク

日本人がよく使う(泣)。上で紹介した顔文字「:-(」ももちろん使えるが、
アスタリスク「*」を用いた、面白い使い方がある。例えば、(泣)は*weep*。 (weep=泣く)

動詞をアスタリスク「*」ではさむと、動作を表す意味になるのだ。
例えば、お誕生日のメッセージ(happy birthday!)をもらったときに、(thank you! *blows out candles*)と返事を書くと、ろうそくを吹き消す動作をあらわしていることになる。エヘンという咳払いの音も、*ahem* なんて表せたりするのだ。

また「*」は、チャットで、スペルミスなどをした時の訂正にも使える。
例えば、hppyを訂正したいときには、*happyと「*」を単語の頭につけて書き直すことで、「間違えました、正しくはこうです」の意味になる。

ちょっとひと休み
意外とすごい! 英文メールの顔文字の歴史

世界中で愛されている顔文字、これを最初に発明したのは、IBMの技術者で現在は米カーネギーメロン大学に勤めるスコット・ファールマンさんだと言われている。今から20年以上前の1982年9月19日に世界初の顔文字が登場したのだ。その記念すべき顔文字は「:-)」。 昨年は、発明から20周年を迎え、日本でも話題になった。

http://www.kyoto-np.co.jp
/kp/topics/2002sep/20/K20020920MKE1Z100000092.html
(Kyoto Shimbun 2002.09.20 News)

世界で最初に顔文字が使われたと言われるメールの原文が見られるサイト
http://www-2.cs.cmu.edu/~sef/Orig-Smiley.htm

日本の顔文字は、インターネットがまだ普及していない頃のパソコン通信で、初めて登場したと言われている。最初の顔文字は半角英数記号で作られていたが、日本語が使えるコンピューターの方が、さまざまな記号や文字を使用できるため、現在のように、豊富なバリエーションを持つ“日本式”絵文字が誕生した。

Next→

英語ジョブTop