• 求人情報はこちら
  • 求人掲載はこちら
Section Top
ビジネス英語
求人情報Top
Classified
英語が活かせる仕事
外資系転職、
英語を使う仕事を探す
求人広告掲載
TOEIC Features
TOEIC関連特集
TOEICテスト虎の穴
履歴書に書かない方がいいスコアとは?
新TOEICテストの全て
書く・話すTOEICテスト
Business English Counselling Room
ビジネス英語なんでも相談室
Interview
HRマネージャー
インタビュー
Weekly Business English
5分間ビジネス英語 Weekly レッスン
Business English Seminar
ビジネス英語講座
英文履歴書の書き方
英語面接サクセス講座
面接の落とし穴とツボ
英語面接で聞かれる7つの質問
ビジネス文書の書出し
ビジネス本レビュー
英語でビジネス体験談
国際派ビジネスパーソンのリンク集
Business English Basics
ビジネス英語基礎講座
英文レターの書き方
英文FAXの書き方
ビジネス文書の書き方
ビジネス文書の書出し
英文eメールの書き方
英語の顔文字
英語の携帯メール省略語
英語のビジネスメール省略語
テレフォン英会話
Business English Vocabulary
ビジネス英単語
役職名
職業/職場/業種
事務用品
経営・管理
雇用・人事
給与
部署名
取り引き
数字
グラフ
Business English Media
ビジネス英語が
学べる媒体
Daily Yomiuri
Time Magazine

5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
英語ができる著名人インタビュー
海外ドラマで英語学習
映画で英語を学ぼう
バイリンガルベストセラーで学ぶ
英語学習グッズ
英語カルチャーを知る
国内海外スクール検索
翻訳・通訳になるには
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組

英語の資格試験
データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集



How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
 
英会話に即、役立つ!

英語タウンの無料メルマガ

英語のヒントを無料登録する
Homeビジネス英語・求人情報 > 外資系転職マニュアル

外資系転職完全マニュアル その1

Everything you need to know about getting a job in a foreign company

日本企業で働く人にとって、「外資系はつまらない上下関係もなく、完全能力主義」というイメージがある。でも、それって本当? 英語力はどのくらい必要? 外資系企業の求人情報ってどこで探せる?

外資に興味のある人すべてにおくる外資系企業転職マニュアルのはじまりはじまり〜。

Page1: 外資の基本 Q&A (1) 〜日本の外資ランキング 他
Page2: 外資の基本 Q&A (2) 〜外資系生息地マップ 他
Page3: 外資で働くための情報収集マニュアル
Page4: 英文履歴書&英語面接:知っておきたい5つのポイント
Page5: 転職体験者・人事担当者に聞く 成功法&こんな人は落ちる

まずは敵を知ろう! 外資の基本 Q&A (1)

Questions about Foreign Companies: Part 1

「外資系」と一口に言っても、いろいろな形態があり、経営の仕方も様々。また、今は外資系による日本企業の買収、合併が進み、意外な企業が外資系企業になっている。そんな外資の基本情報をチェック。


Q.そもそも外資系企業って何? どんな種類がある?

What kind of foreign companies do we have in Japan?

A.外資系企業とは、通常、外国籍の親会社が経営権を握っている会社のことを言う。もっとも多いのは100%外資だが、日本企業との合併の場合、外国企業が51%以上の株を持っているのが一般的。しかし、51%以下でも外国企業に経営権を握られるケースもあれば、経営権は日本企業が握っている場合もある。また、M&A(Mergers and Acquisitions:企業の合併・買収のこと)により日本企業が買収され、ある日突然、外資系になる、という形も最近はよく目にする。

まとめると、外資系企業は、以下の5つのタイプに分けられる。

(1) 100%外資の日本法人(外国企業の100%子会社)
  経営の特徴 本国の意向が活動に大きく影響
  主な会社 日本IBM、日本コカ・コーラ、マイクロソフトなどのメーカー系
(2) 日本企業との合弁会社(資本比率は会社による)
  経営の特徴 出資比率が高い方の発言権が強くなる。日本主導型が多い。
  主な会社 日本マクドナルド(藤田商店+マクドナルド)、日本ケンタッキーフライドチキン(三菱商事+ケンタッキー・フライド・チキン)、富士ゼロックス(富士写真フイルム株式会社+ゼロックス・リミテッド)
(3) 日本支社・支店という形式(日本で法人格を取得していない)
  経営の特徴 アジア・太平洋地区の一支社という位置づけ
  主な会社 P&G、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
(4) 日本企業を買収し資本参加
  経営の特徴 買収した会社の経営方針に変わる
  主な会社 日産自動車(ルノーが買収)
(5) 元合弁会社→外資100%
  経営の特徴 日本企業の発言力がなくなり、本国の意向が大きく反映
  主な会社 日本ヒューレット・パッカード(横河電機との合弁を解消)、エルメスジャポン(西武百貨店が撤退)


Q.日本に外資系企業はいくつある?

How many foreign companies are there in Japan?

A.3,244社。(東洋経済新報が毎年発行している『外資系企業総覧』の2003年度版による。)昨年に比べて約100社減っている。国籍はアメリカが圧倒的に多く、ほぼ半数。業種別では、以下の通りだ。


各国の商工会議所*が自国の外資系企業に関しての情報を把握しており、サイトで詳しい情報を公開している。求人情報などを掲載している場合もあるので、一度チェックしてみては?


在日米国商工会議所(ACCJ:The American Chamber of Commerce in Japan)
在日英国商工会議所(BCCJThe British Chamber of Commerce in Japan)
在日カナダ商工会議所(CCCJ:The Canadian Chamber of Commerce in Japan)
在日フランス商工会議所(CCIFJ:Chambre de Commerce et d'Industrie Francaise)
在日ドイツ商工会議所(DIHKJ:Deutsche Industrieund Handelskammer in Japan)
在日オーストラリア・ニュージーランド商業会議所 (ANZCCJ:Australian and New Zealand Chamber of Commerce in Japan )

*各国の商工会議所:グローバルに事業を展開する会員企業の利益の保護と、自国-日本間のビジネスについての最新情報の提供などを行う組織

Q.外資系企業のトップ10は?

Gaishikei ranking

A.実は日本の会社だと思っていても、外国資本が多く投入されている会社が意外に多い。以下は、資本金、従業員数、申告所得の3項目での「外資系企業トップ10」だ。

資本金トップ10 (1億円未満四捨五入)
  社名 親企業の国籍 資本金
日産自動車 フランス(ルノー) 6,046億円
三菱自動車工業 ドイツ(ダイムラークライスラー) 2,522億円
日興コーディアルグループ アメリカ(シティグループ) 2,090億円
三菱ふそうトラックバス ドイツ(ダイムラークライスラー) 2,000億円
日本テレコムホールディングス イギリス(ボーダフォンホールディングス) 1,773億円
富士重工業 アメリカ(ゼネラルモータース) 1,445億円
アクサ保険ホールディング フランス(アクサ・エス・アー) 1,385億円
日本アイ・ビー・エム アメリカ(IBMワールド・トレード・コーポレーション) 1,201億円
マツダ アメリカ(フォード) 1,201億円
10 スズキ アメリカ(ゼネラルモータース) 1,197億円


従業員数トップ10
  社名 親企業の国籍 従業員数(人)
日産自動車 フランス(ルノー) 31,005
日本アイ・ビー・エム アメリカ(IBMワールド・トレード・コーポレーション) 20,656
マツダ アメリカ(フォード) 18,448
三菱自動車工業 ドイツ(ダイムラークライスラー) 17,360
三菱ふそうトラックバス ドイツ(ダイムラークライスラー) 16,442
富士ゼロックス アメリカ(ゼロックス・リミテッド) 13,557
富士重工業 アメリカ(ゼネラルモータース) 13,312
スズキ アメリカ(ゼネラルモータース) 11,112
いすゞ自動車 アメリカ(ゼネラルモータース) 11,106
10 アクサ生命保険  フランス(アクサ) 8,347


申告所得トップ10 (1億円未満四捨五入)
  社名 親企業の国籍 2002年申告所得
日本アイ・ビー・エム アメリカ(IBMワールド・トレード・コーポレーション) 1,252億円
アメリカンファミリー生命保険会社(AFLAC日本社) アメリカ(AFLAC) 1,107億円
日本コカ・コーラ アメリカ(ザ コカ・コーラカンパニー) 868億円
アイク アメリカ(アイク・アソシエイツ・カナダ・ホールディングス・インク) 677億円
スズキ アメリカ(ゼネラルモータース) 610億円
富士重工業 アメリカ(ゼネラルモータース) 600億円
日興シティグループ証券会社 アメリカ(シティグループ) 520億円
昭和シェル石油 イギリス(ロイヤル・ダッチ/シェルグループ) 504億円
ルイ・ヴィトンジャパン フランス(ルイ・ヴィトン) 324億円
10 日本オラクル アメリカ(オラクル・コーポレーション) 310億円

(参考:『外資系企業総覧2003』東洋経済新報)


英語タウンのメルマガで英語力をアップしよう!(無料です)
英語ジョブ・ニュース
新着求人情報とビジネス英語のヒントが届きます。
 
英語のヒント
よろしく/頑張れ/おかげさま等「これが言いたかった!」という即使えるフレーズや、英語の名言やことわざ、ハロウィン/イースター等の解説まで、英語と英会話の豊富な情報を毎週お届けします。
無料登録はこちら もっと詳しく

Next→

 Page2は「まずは敵を知ろう! 外資についてのQ&A その2」

Page 1 / 2 / 3 / 4 / 5