• 求人情報はこちら
  • 求人掲載はこちら
Section Top
ビジネス英語
求人情報Top
Classified
英語が活かせる仕事
外資系転職、
英語を使う仕事を探す
求人広告掲載
TOEIC Features
TOEIC関連特集
TOEICテスト虎の穴
履歴書に書かない方がいいスコアとは?
新TOEICテストの全て
書く・話すTOEICテスト
Business English Counselling Room
ビジネス英語なんでも相談室
Interview
HRマネージャー
インタビュー
Weekly Business English
5分間ビジネス英語 Weekly レッスン
Business English Seminar
ビジネス英語講座
英文履歴書の書き方
英語面接サクセス講座
面接の落とし穴とツボ
英語面接で聞かれる7つの質問
ビジネス文書の書出し
ビジネス本レビュー
英語でビジネス体験談
国際派ビジネスパーソンのリンク集
Business English Basics
ビジネス英語基礎講座
英文レターの書き方
英文FAXの書き方
ビジネス文書の書き方
ビジネス文書の書出し
英文eメールの書き方
英語の顔文字
英語の携帯メール省略語
英語のビジネスメール省略語
テレフォン英会話
Business English Vocabulary
ビジネス英単語
役職名
職業/職場/業種
事務用品
経営・管理
雇用・人事
給与
部署名
取り引き
数字
グラフ
Business English Media
ビジネス英語が
学べる媒体
Japan News

5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
英語ができる著名人インタビュー
海外ドラマで英語学習
映画で英語を学ぼう
バイリンガルベストセラーで学ぶ
英語学習グッズ
英語カルチャーを知る
国内海外スクール検索
翻訳・通訳になるには
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組

英語の資格試験
データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集



Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
 
Jobs 新着求人ニュース:

The Dilbert Principle: A Cubicle's-Eye View of Bosses, Meetings, Management Fads & Other Workplace Addictions
by Scott Adams

『英和対照で読むディルバードの法則』(洋販出版)



手塚治虫を知らず、少年ジャンプを読まずして、マンガについては語れないように、ピーター・ドラッカーを知らず、「Red Herring」と「The Economist」の違いがわからずして、ビジネスは語れない。このウィークリーコラムでは、欧米のビジネスパーソンと互角にわたりあうためにぜひとも知っておきたい出版物や、人物、アイデアについて、とっておきの情報をお届けする。

Want to talk about Japanese comics? You'd better know who Tezuka is and have read a copy of Shonen Jump. Want to talk international business? Better know who Peter Drucker is and the difference between Red Herring and the Economist. In this regular column we give you the lowdown on the publications, people and ideas you need to know to hold your own with the Western businessperson.

 
レビュー:「The Dilbert Principle: A Cubicle's-Eye View of Bosses, Meetings, Management Fads & Other Workplace Addictions」
人気のビジネス書TOP5 Business Bestsellers
ランゲージボックス


『The Dilbert Principle: A Cubicle's-Eye View of Bosses, Meetings, Management Fads & Other Workplace Addictions』
定価:$12.95 (ペーパーバック)
出版社:Harperbusiness

(邦題「THE DILBERT PRINCIPLE―英和対照で読むディルバートの法則」洋販出版 スコット・アダムス【著】小林 薫【編訳】本体価格:1,400円)


ディルバートって何?
「何?」じゃなくて「ディルバートってだれ?」という質問が正しい。ディルバートはスコット・アダムスが創り出した、大人気のマンガキャラクターだ。ディルバートはキュービクル(オフィスのパーティションで区切られた個室)のヒーローであり、大企業の経営幹部の不条理に日々振り回されているどこにでもいる平凡なサラリーマンだ。

じゃ、これはマンガのレビューってこと?
「ディルバート」はただのマンガじゃない。彼はひとつの「現象」と言える。新聞の4コマ漫画「ディルバート」と、そのコミック本は、欧米各国のベストセラーリストを総ナメにした。英語を話すビジネスパーソンで、「ディルバート」を知らない人はいないだろう。誰でも「ディルバート」を読んで、大笑いしたことがあるはずだ。

「ディルバート」はどんなマンガ?
「ディルバート」は、どこにでもいる経営陣、上司、流行の経営法、サラリーマンの実体を皮肉ったマンガだ。主人公はディルバートと、地球一の悪徳コンサルタントであり世界征服をもくろむ彼の愛犬ドグバート。『総合的品質管理』から『リエンジニアリング』、意味のない官僚主義からサディスティックなルール、オフィスの清掃業者から同僚に筆記用具をとられないようにする方法まで、現代のどこにでもある会社生活を風刺たっぷりに描いている。

作者のスコット・アダムスってどんな人?
アダムスは昔、パシフィック・ベルの本社の中間管理職としてキュービクル4S700Rに配属されていた。1989年、彼は会社のキュービクルで起こるさまざまな出来事をマンガ「ディルバート」として描きはじめた。カナダ生まれ。コンピュータはマッキントッシュを使いこなす。

このマンガ「ディルバート」の人気の程は?
覚えておいてもらいたいのは、これが大人向けのマンガだということ。「ディルバート」は世界58カ国、1,900紙で連載されている。それをまとめたコミック本は本屋のビジネスコーナーに並べられ、『The Dilbert Principle(ディルバートの法則)』は、アメリカで国民的大ベストセラーとなった。大したものだ。しかも、実はそれだけじゃない。「ディルバート」のウェブサイトは異様な人気だし、テレビ番組やファンクラブ、おまけに等身大のディルバート人形まで登場しているのだ。

ビーター・ドラッカーの感想は?
「クスクス、フーフー、ヒッヒッヒッ!」

この本を買うべきなのは、どんな人?
オフィスで働いたことがあって、ユーモアのセンスのある人なら誰でも。

URL:http://www.dilbert.com

■ この本を買いたいなら


人気のビジネス書Top 5 :Business Bestsellers
  1. Who Moved My Cheese? : An Amazing Way to Deal With Change in Your Work and in Your Life
    by Spencer Johnson
  2. Telecosm : How Infinite Bandwidth Will Revolutionize Our World
    by George Gilder
  3. The Strategy-Focused Organization: How Balanced Scorecard Companies Thrive in the New Business Environment
    by Robert S. Kaplan, David P. Norton
  4. First, Break All the Rules : What the World's Greatest Managers Do Differently
    by Marcus Buckingham, Curt Coffman
  5. When Genius Failed : The Rise and Fall of Long-Term Capital Management
    by Roger Lowenstein

『The Dilbert Principle: A Cubicle's-Eye View of Bosses, Meetings, Management Fads & Other Workplace Addictions』

List Price:$12.95 / Paperback
Publisher: Harperbusiness


What's a Dilbert?
You mean, "Who is Dilbert?" He's a hugely popular cartoon character created by Scott Adams. He's the hero of the cubicle, the little guy suffering the day-to-day insanity of senior management at large corporations.

You're reviewing a collection of cartoons?
Dilbert is not just a cartoon! He's a phenomenon. The daily comic strip and the collected books swept the bestseller lists of most of the Western world. You're unlikely to meet any English-speaking businessperson that hasn't heard of, read and laughed out loud to Dilbert.

What are the comic strips about?
The Dilbert comic strips satirize management, bosses, fads and the everyday habits of employees everywhere. From Total Quality Management to reengineering. From pointless bureaucracy to sadistic rule-makers. From the cleaner to the best way to guard your writing instruments safe from crazed pen-collecting co-workers, Dilbert touches on every aspect of the modern work place, with his pet dog Dogbert, who also happens to be one of the most unscrupulous consultant on the planet and the future ruler of the world.

Who's this Adams chap?
He's a former mid-level manager who was assigned to cubicle 4S700R at the Pacific Bell headquarters. He began recording his impressions of corporate life in a corporate cubicle in the comic strip Dilbert in 1989. Adams was born in Canada and has the good sense to use a Macintosh.

How successful is this comic-strip?
Remember, this is a comic strip aimed at adults. It appears in 1,900 newspapers in 58 countries. The collections are displayed in the business sections of bookstores, and The Dilbert Principle was a national bestseller. Not bad. But Dilbert also has a fantastically popular Web site, a television show, a fan club and life-size cuddly Dogbert dolls!

What did Peter Drucker think of it?
"Giggle! Snort! Tee hee!"

Who should buy this book?
Anyone who's ever worked in an office and has a sense of humor.

List Price: $12.95 / Paperback
Publisher: Harperbusiness

URL: http://www.dilbert.com

Japanese Version: Yohan publishes a version, please check >>>


●Language Box●
こま割りマンガ、連続マンガ:comic strip
パーティションで小さく区切った作業スペース/仕事スペース:cubicle
経営者上層部:senior management
皮肉る、風刺で攻撃する:satirize
中間管理職:mid-level manager
〜を担当する、〜に配属される、〜に配置される、〜の任務を受ける:be assigned to
本社、本部:headquarter
〜を目標とする、〜を対象とする、〜をターゲットとする:aime at
▲TOPへ戻る

「レビュー」のバックナンバーはこちら