レッスンについて
平日毎日更新
TOEIC730点をめざす
TOEIC600点をめざす
TOEIC450点をめざす
英検2級対策
トラベルイングリッシュ
毎週金曜更新
ビジネス英語エクササイズ

Section Top
オンライン英語講座Top
Cultural Hints on the West Wing
ネイティブ感覚で観る『ザ・ホワイトハウス』
Latest Neologisms 100
現代用語を英語にする100選
Express Your Feeling
口語英語で気持ちを伝えよう
Cross Culture
クロスカルチャー
Dr.English's English Clinic
Dr. イングリッシュ

英語の資格と検定試験
データベース

日本で受験可能なすべての試験を網羅
英語関連の学会・非営利団体
ESUJ
日本英語交流連盟
ELTBOOKS
英語の先生、学校、大学向けの英語教材販売(全て20%OFF!)
英語タウンでは英語に関する非営利団体・学会をサポートしています。
詳しくはこちら

英語ができる著名人インタビュー
海外ドラマで英語を学ぶ
映画で英語を学ぼう
バイリンガル
ベストセラーで学ぶ
英語圏への留学・旅行
ビジネス英語
英語学習グッズ
国内・海外スクールサーチ
翻訳・通訳になるには
英語を使う仕事を探す
英語カルチャーを知る
リンク集
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組

英語の資格試験データベース
国内・海外スクール検索
英和辞書
リンク集


How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加


ネイティブ感覚で観る『ザ・ホワイトハウス』eigocollege

「ネイティブ感覚で観る『ザ・ホワイトハウス』」バックナンバー
 
■ 96: 職場での服装規則(2007年9月10日)
 
■ 95: 外交官特権の濫用〜国連とNY市との確執〜(2007年9月3日)
 
■ 94: 軍隊での不倫問題(2007年8月27日)
 
■ 93: 2つの文化の衝突〜西洋と東洋〜 Part 2(2007年8月20日)
 
■ 92: 2つの文化の衝突〜西洋と東洋〜 Part 1 (2007年8月6日)
 
■ 91:国立公園局問題(2007年7月30日)
 
■ 90:ベネズエラのクーデター(2007年7月23日)
 
■ 89:シングル・マザーに焦点を当てよう(2007年7月16日)
 
■ 88:亡くなった候補者の弔い合戦(2007年7月9日)
 
■ 87:深紅の州(共和党が圧倒的に強い州)(2007年7月2日)
 
■ 86:政界の女性たち(2007年6月25日)
 
■ 85:選挙当日〜民主党支持者は早めに投票する?〜(2007年6月18日)
 
■ 84:投票の難点〜「フュージョン」制度の落とし穴〜(2007年6月11日)
 
■ 83:バートレット対ブッシュ〜連邦政府と地方自治体の関係〜(2007年6月4日)
 
■ 82:死刑と銃規制(2007年5月28日)
 
■ 81:立候補者が死んだ場合(2007年5月21日)
 
■ 80:真のディベートv セールス・トーク(2007年5月14日)
 
■ 79:祈り〜福音主義者が祈りを捧げる365人のリスト〜(2007年5月7日)
 
■ 78:家族の価値(2007年4月30日)
 
■ 77:オハイオ:最も重要な激戦州(2007年4月23日)
 
■ 76:教会と国家(2007年4月16日)
 
■ 75:キャッチフレーズで決まる政治 (2007年4月9日)
 
■ 74:真のディベート(2007年4月2日)
 
■ 73:第三の候補の善し悪し(2007年3月26日)
 
■ 72:選挙におけるエイズ問題の濫用(2007年3月19日)
 
■ 71:少数派の権利(2007年3月12日)
 
■ 70:ブッシュと正反対のバートレット大統領 パート2(2007年3月05日)
 
■ 69:ブッシュと正反対のバートレット大統領 パート1(2007年2月26日)
 
■ 68:非都会の州のメンタリティ(2007年2月19日)
 
■ 67:冷戦後の脅威(2007年2月12日)
 
■ 66:銃規制:舞台裏での取引(2007年2月5日)
 
■ 65:正しいことを行う勇気(2007年1月29日)
 
■ 64:テキサスは異国(2007年1月22日)
 
■ 63:右派キリスト教戦闘組織〜ユダヤ人 vs. 原理主義者〜(2007年1月15日)
 
■ 62:アメリカの選挙の実体〜中身よりイメージ〜(2007年1月8日)
 
■ 61:貧困撲滅戦争 VS 福祉政策撲滅戦争(2006年12月18日)
 
■ 60:アメリカのメディアは公平か?(2006年12月11日)
 
■ 59:自由 vs 自由の濫用(2006年12月4日)
 
■ 58:誰が南部で勝てるのか?(2006年11月27日)
 
■ 57:北極野生生物保護区での掘削〜drillingとexploring〜(2006年11月20日)
 
■ 56:北アイルランド問題(2006年11月13日)
 
■ 55:民主主義か衆愚政治か〜「投票するな」キャンペーンが行われている理由〜(2006年11月6日)
 
■ 54:アメリカの価値観の押し売り(2006年10月30日)
 
■ 53:ビエケス島での爆撃演習(2006年10月23日)
 
■ 52:世論調査に裏打ちされたスピーチのレトリック(2006年10月16日)
 
■ 51:イスラエル 〜神によって授けられた国〜(2006年10月9日)
 
■ 50:教会への放火と人種差別〜公民権運動の指導者は、なぜ教会から生まれたのか〜(2006年10月2日)
 
■ 49:狂牛病〜アメリカ国内の事情〜(2006年9月25日)
 
■ 48:未だに続くインディアンの悲劇(2006年9月18日)
 
■ 47:間接的な政治献金 〜Fight fire with fire〜 (2006年9月11日)
 
■ 46:銃のコントロール(銃規制)〜「銃」と「テキサス」の深い関係〜 (2006年9月4日)
 
■ 45:遺産相続税撤廃とアメリカン・ドリーム(2006年8月28日)
 
■ 44:積極的攻撃は最大の防御(2006年8月21日)
 
■ 43:イメージと実体〜Dr. Bartlet vs. Mrs. Bartlet〜(2006年8月7日)
 
■ 42:謝罪の効用〜一番言いにくい言葉〜(2006年7月31日)
 
■ 41:テロに関する質疑応答〜なぜアメリカは嫌われるのか〜(2006年7月24日)
 
■ 40:民主党の心髄(2006年7月17日)
 
■ 39:司法省がタバコ業界に対して起こした訴訟 その2(2006年7月10日)
 
■ 38:司法省がタバコ業界に対して起こした訴訟 その1(2006年7月3日)
 
■ 37:民主党の外交政策〜第二次世界大戦時に国民の支持を得たF・ルーズベルト大統領のたとえ話(2006年6月26日)
 
■ 36:重大な犯罪や非行〜セックスに関する嘘と戦争を始めるための嘘、どちらが重いか?〜(2006年6月19日)
 
■ 35:議事妨害演説〜法案成立を阻止するための上院特有の戦術〜 (2006年6月12日)
 
■ 34:WTO vs. 世界に正義をもたらすためのムーブメント(2006年6月5日)
 
■ 33:マリファナ合法化に関するディベート vs. 爬虫類の脳(2006年5月29日)
 
■ 32:対麻薬戦争〜アメリカが抱える社会問題 (2006年5月22日)
 
■ 31:合衆国憲法補正第一、第二条〜学校に制服は必要か (2006年5月15日)
 
■ 30:スター・ウォーズ (2006年5月8日)
 
■ 29:アメリカの最低賃金(2006年5月1日)
 
■ 28:ホロコーストの弁償返却〜ナチスに没収された美術品の行方〜(2006年4月24日)
 
■ 27:食の好みと政治〜ブロッコリーとインゲン問題(2006年4月17日)
 
■ 26:宗教亡命〜聖書に出てくる合い言葉 (2006年4月10日)
 
■ 25:同性愛者の結婚とゲイの共和党員 (2006年4月3日)
 
■ 24:「無法国家」と民主主義〜アメリカは民主主義の国?! (2006年3月27日)
 
■ 23:ヘイト・クライムと戦うための積極的な方法 (2006年3月20日)
 
■ 22:アフリカでのエイズ蔓延〜製薬会社と政治家の思惑 (2006年3月13日)
 
■ 21:聖書を濫用する右派の人々〜聖書には聖書を〜 (2006年3月6日)
 
■ 20:アメリカ大統領予備選の勝ち方 (2006年2月27日)
 
■ 19:アメリカの社会保障制度改革とカンペキではない憲法補正第25条 (2006年2月20日)
 
■ 18:民主主義の縮図 - タウン・ホール・ミーティング (2006年2月13日)
 
■ 17:世論調査での政治家の言葉遣いと英語公用語化案 (2006年2月6日)
 
■ 16:麻薬関連裁判における「強制実刑判決」〜なぜ民主党は「犯罪者に甘い」というステレオタイプがあるのか〜(2006年1月30日)
 
■ 15:マメリカの選挙改革〜ハード・マネーとソフト・マネー〜(2006年1月23日)
 
■ 14:アメリカの奴隷制度に対する賠償金(2006年1月16日)
 
■ 13:未成年者の労働(2006年1月9日)
 
■ 12:星条旗は憲法で守られるべきものか?(2005年12月26日)
 
■ 11:警察による人種差別(2005年12月19日)
 
■ 10:キリスト教と死刑の微妙な関係(2005年12月12日)
 
■ 9:なぜ学校で禁欲のみの性教育をしているのか?(2005年12月5日)
 
■ 8: F・ルーズベルト大統領の精神を受け継ぐ者たち(2005年11月28日)
 
■ 7: ドラマの中でのインド・パキスタン問題(2005年11月21日)
 
■ 6: アメリカで蔓延するhate crime(2005年11月14日)
 
■ 5: 最も重要な大統領の仕事(2005年11月7日)
 
■ 4: オタクと体育会系いじめっ子の対立(2005年10月31日)
 
■ 3: 現実とは大違い? ドラマの中でのハリケーン対策 (2005年10月24日)
 
■ 2: 国勢調査の盲点 (2005年10月17日)
 
■ 1: 民主党のポリシーを代弁するバートレット政権 (2005年10月10日)
 
最新の「ネイティブ感覚で観る『ザ・ホワイトハウス』」へ
過去の連載「アメリカン・カルチャーを知る英語講座」バックナンバーはこちら