Special Feature
冠婚葬祭の英語&習慣
Section Top
クロスカルチャーTop
Film Review
『ぼくたちのムッシュ・ラザール』
過去の英語映画レビュー
Overseas Drama Review
『スタートレック』
→過去の海外ドラマレビュー
Book Review
クリスマスキャロル
過去のレビュー
Cooking with English
「アイルランド風シチュー」
レシピ一覧
Interviews
パックンマックンさん インタビュー
過去のインタビュー
Talk about Sport in English
テニスの英語
過去のスポーツ英語
Talking about Japan
日本を英語で語る【生活編】
過去の特集
Books
林望先生エッセイ
Book Stand
英語関連本
立ち読みスタンド
5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
ビジネス英語
英語学習グッズ
翻訳・通訳になるには
英語を使う仕事を探す
英語面接対策をする
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組
英語の資格試験データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集
How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
英会話に即、役立つ!

英語タウンの無料メルマガ

英語のヒントを無料登録する
 

イースターのすべて
Everything you wanted to know about Easter


日本ではあまりなじみがないものの、キリスト教でもっとも重要な行事は、クリスマスではなく実は「イースター」だ。日本語では「復活祭」とも言われるイースターについて、その起源や行事などを詳しく特集。毎年日付けが変わるイースターを知るにつれ、日本とは異なる時のくぎりを持つキリスト教の世界が見えてくる。

Page1: 早分かりQ&A:簡単に言うとイースターって何?
・Page2: 早分かりQ&A:11億円のイースターエッグ/イースター島
・Page3: おさえておきたい3つの日付け:イースター・カーニバル・レント
・Page4: イースター関連カレンダー:灰の水曜日、ペンテコステとは?
Page5: 初心者のためのキリスト教ベーシック:聖書と宗派


早分かりQ&A:簡単に言うとイースターって何?
イースターについて、ササッと知りたい人のためのQ&A。
1. イースターを一言で説明すると?
2. イースターっていつ?
3. イースターという名前の由来は?
4. イースターには何をする?
5. イースターエッグの作り方は?
6. 11億円もするイースターエッグとは?
7. 巨大なモアイ像で有名な「イースター島」は、何かイースターと関係が?
8. 「イースターエッグ」はコンピューターと関係ある?


イースターを一言で説明すると?
What is Easter in one sentence?

キリスト教で、イエスの復活を祝う祭りで、キリスト教最古の儀式。

Easter is a Christian festival celebrating the Resurrection of Jesus Christ, which is said to be the oldest and the most principal Christian observance of the year.

(キリスト教では、十字架に架けられたイエス・キリストが、数日後に復活したとされている)

▲Topへ


イースターっていつ?
When is Easter?

毎年、日付けが変わる移動祝祭日で、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と決められている。具体的には3月21日から4月24日の間。

2009年は4月12日、2010年は4月4日、2011年は4月24日。

イ−スタ−当日は日曜日の1日だけだが、注意したいのは、イースター前後の期間。春に旅行やビジネスでの渡航を計画する際には、お店や役所などが休みになるところもあるので、確認してから行ったほうがよい。
(Page3. おさえておきたい3つの日付け・Page4. イースター関連カレンダー

ところで、西洋のキリスト教会(Western churches)では、上記の方法によってイースターの日付けが決まるが、東方正教会(Eastern Orthodox churches)では、別の計算方法を用いるため、イースターが西洋とは4〜5週間ずれることもある。

 Vocabulary
イエスの復活

:the Resurrection of Jesus Christ
:the Resurrection of the Lord
:the Resurrection

行事・儀式 :observance
重要な・主体の :principal

▲Topへ

イースターという名前の由来は?
What is the origin of the word "Easter"?

現在、説明としてよりどころとされているのが、8世紀のBedeという神父が唱えた説で、北方神話の春の女神「Eostre」に由来すると言うもの。本来はキリスト教とは関係のない異教徒の春の祭りだったが、キリスト教の布教の際に、意味を変え、普及したと言われている。寒さ厳しい暗い冬から、草木が芽吹き動物たちが繁殖する春へと移り変わる様が、十字架で処刑された後に復活したとされるイエス・キリストのイメージと重なり、統合されていったと見られている。

イースターは、古典英語では「Pasch」「Pascha」とも表す。ユダヤ教の「過ぎ越しの祭(Passover)」と「復活祭(Easter)」の二つの意味がある。

 Vocabulary
異教徒・多神教の :pagan
女神 :goddess
神話 :myth / mythology

▲Topへ


イースターには何をする?
What do people do on Easter day?

■ イースターといえば思い浮かぶ2つのシンボル
クリスマスと言えばクリスマスツリーだが、イースターと言えば「イースターエッグ」。伝統的に、生命や復活を象徴するものとして、卵が使われてきたのではないかと言われている。卵は、「イースターうさぎ」(Easter hare/Easter rabbit)が運んできたとされ、子だくさんのうさぎは、古代より、繁栄・多産(fertility)のシンボルだ。(イギリスでは、野ウサギに「hare」という単語を使うのがふつう。アメリカでは「rabbit」や「bunny」という言い方が定着している)

■ 「たまご」を使ったイースターの風物詩
カラフルな紙や布やペイントで卵を彩って家に飾ったり、子どものいる家庭では、庭に卵を隠して子どもに探させる「エッグハント」(egg hunt)や、ホワイトハウスでも毎年行われることで有名な、丘の上から卵を転がす「エッグロール」(egg roll)、卵をスプーンにのせ、落として割らないように気をつけながら、誰が一番にゴールにつけるかを競うレース「エッグレース」(Easter Egg Spoon Race)も人気だ。イギリスでは古代演劇「ペース・エッグ」(Pace Egg)が行われる地域も。家族でゆで卵を食べたり、家族や友人など親しい人とタマゴやウサギの形のチョコレートや、中にプレゼントを入れたチョコレート卵を交換し合ったりする風習がある。

● エッグハント:Egg Hunt
Family Fun: The Complete Easter Egg Hunt
家庭で楽しいイースターを行うアイデアがいっぱいのサイト。
Egg Hunt Game
隠れているたまごを探す、シンプルなオンラインゲーム(英語)
Egg Hunt Maze Game
どんどん難易度が上がる、迷路でたまごを集めて運ぶゲーム(英語)
● エッグロール:Egg Roll
http://www.whitehouse.gov/EasterEggRoll/
ホワイトハウスで毎年行われるエッグロールの模様を紹介したページ。
● ペース・エッグ:Pace Egg
The Pace Egg
イギリスでのイースターの古代劇の様子が見られるページ。


■ イースターの風物詩:パレード・カード・食べ物
「たまご」を使った様々なイベントの他に、有名なニューヨークのイースター・パレードのように、にぎやかなパレードを行ったり、生命や再生の象徴として生まれたばかりのヒナやうさぎのイラストが描かれたイースター・カードを送ったりする。

たまご以外の、イースターにまつわる食べものとしては、レーズンやスパイスを焼き込んで十字の印をつけたホットクロスバン(Hot Cross Buns)などがある。

● イースター・カード:Online Easter Greeting Cards
123Greetings.com
イースターにぴったりのカードが盛りだくさんのサイト。
● ホット・クロス・バン:Hot Cross Buns
Allrecipes - Hot Cross Buns
十字模様が特徴のイースターのパン、ホット・クロス・バンの作り方のページ。

■ 日本起源のイースターの風物詩、イースター・リリー
「イースター・リリー(Easter Lily)」と呼ばれる大きく白いゆりの花がある。いかにも古くから西洋に自生していたかのような名前だが、実は、日本起源。沖縄の「テッポウユリ」が欧米にもたらされたものだ。

白ゆりは、純潔のシンボルとして、聖母マリアを象徴する花として伝統的に親しまれてきた。よく宗教画には、聖母マリアとともにユリの花が描かれている。「マドンナ・リリー」と呼ばれるユリが一般的だったが、日本の「テッポウユリ」の凛として大きく美しい姿は、人々を魅了し、圧倒的な人気を得ることになった。

▲Topへ

Next→
 Page2 は早分かりQ&A:11億円のイースターエッグ/イースター島

もっとイースターについて知りたい人は…
「イースターエッグとデビルドエッグ」を作ってみよう!

動画で公開!
スキルを磨こう! 実践では思うように聞き取れない、話せないのはなぜ?その理由は…
【特集記事】