Special Feature
英語で日本自慢
Section Top
クロスカルチャーTop
Film Review
『ぼくたちのムッシュ・ラザール』
過去の英語映画レビュー
Overseas Drama Review
『スタートレック』
→過去の海外ドラマレビュー
Book Review
クリスマスキャロル
過去のレビュー
Cooking with English
「アイルランド風シチュー」
レシピ一覧
Interviews
パックンマックンさん インタビュー
過去のインタビュー
Talk about Sport in English
テニスの英語
過去のスポーツ英語
Talking about Japan
日本を英語で語る【生活編】
過去の特集
Books
林望先生エッセイ
Book Stand
英語関連本
立ち読みスタンド
5分間英語レッスン
英語圏への留学・旅行
英語カレッジ無料講座
ビジネス英語
英語学習グッズ
翻訳・通訳になるには
英語を使う仕事を探す
英語面接対策をする
英語リスニングクイズ
有名人ブログ
ポッドキャスト番組
英語の資格試験データベース
国内海外スクール検索
英和辞書
リンク集
How to Advertise
広告掲載について
Tell a Friend
友達にも教える
Add to Favorites
このページを
お気に入りに追加
英会話に即、役立つ!

英語タウンの無料メルマガ

英語のヒントを無料登録する
 

上妻宏光さん インタビュー
Hiromitsu Agatsuma

6才から始めた三味線。他の楽器に浮気はしなかった。

image

茶髪にピアス、洗いざらしのジーンズ姿で三味線を演奏する、津軽三味線奏者の上妻宏光さん。日本の古典音楽のみならず、ギターやシンセサイザーと三味線、という新しい組み合わせを生み出し、自ら作曲をしたり、ジャンルの違うミュージシャンとセッションするなど、三味線の可能性に挑戦し続けている。
そんな上妻さんに三味線を始めたきっかけから、アメリカでのライブ、今後の夢などを語ってもらった。
Page1:6才から始めた三味線。他の楽器に浮気はしなかった
Page2:アメリカの観客は厳しい?!
Page3:夢は、三味線の国際的な知名度を上げること
 

三味線、そしてアメリカとの出会い


父親が、趣味で三味線をやっていたんです。で、練習する音を聞いて、自分もやってみよう、と思ったのが三味線を始めたきっかけでした。 それが6才の時だったんですけど、その時には、本格的にやろうと思ったので、父親と同じ三味線教室に通い始めたんです。 三味線を習っていたとは言っても、色んな音楽を聴きましたよ。子供の頃は、アニメソングやピンクレディー、チェッカーズなど、はやりのものは聞いてました。 中学生の頃は、姉の影響で「ベストヒットUSA」を見始めて、「邦楽は海外の音楽の影響を受けているんだな」ってことが何となくわかってきたんです。 真似ではなく、オリジナルの生まれる環境はどんなところなんだろう、とアメリカに興味を持ちました。 高校生くらいになると、男の子はギターやベースなどに興味を持つと思うんですけど、僕の場合は、例えばギターをやってみようと思うことはなかったんですよね。 それだけ、三味線の周波数が自分に合っていたんだと思います。


修学旅行で感じた、アメリカの大きさ


洋楽を聴くようになって、自分も海外で三味線を弾けたらいいな、とぼんやり思ってました。 そんなとき、高校の修学旅行で、アメリカとカナダへ行ったんですけど、そこで感じたのは、アメリカは実力社会だということ。 日本の縦社会ではなく、実力でモノを言える国なんだな、と肌で感じました。 自分のいる民謡の世界は、縦社会で年功序列ですから、例えば20才で演奏が上手くても、若いというだけでテレビに出たりするのもなかなか難しかったんです。 でも、アメリカなら、いろんなしがらみなく、自由に演奏できるという部分では、もしかしていけるんじゃないかな、と思っていました。

普通、三味線っていうと着物、っていうイメージがあるかも知れませんが、僕は茶髪にジーンズで三味線を弾いていたし、全国大会でも自分だけ違う格好してましたから、10代の頃は、古くからいる人たちからは反発も買いました(笑) 。今はもうそういうのはないですけどね。
今のような演奏スタイルでは、ライブで着物だと動きにくいというのもあるんですけど、今の感覚で自分の音楽を表現したい、っていう気持ちが一番強いんです。 三味線というものの既成概念の壁をなくしたいという思いもありますし。だから僕には着物は必要ないと思ってます。




上妻宏光の原点、ソロ演奏による古典&オリジナル曲をニューヨークの教会にてライブレコーディング収録した。東芝EMIから好評発売中。

→東芝EMI、上妻宏光さんのサイトはこちら
→上妻宏光さんオフィシャルサイトはこちら




【読者プレゼント!】

上妻宏光さんサイン入りポラロイド写真を2名様にプレゼントします!


プレゼント受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 Page2はアメリカの観客は厳しい?!

動画で公開!
スキルを磨こう! 実践では思うように聞き取れない、話せないのはなぜ?その理由は…
【特集記事】