English  
日本では至る所に英語やカタカナ英語、さらには和製英語が氾濫しています。その中には上出来のシャレたものもありますが、びっくりしたり、吹き出したりするようなものも少なくありません。良い日本語があるのに日本人に向けては無理して英語や英語もどきを使わなくてもいいのではないかと思う方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

日本英語交流連盟と英語タウン・ドット・コム株式会社では街にあふれるそのような英語を発見するためにびっくり英語探検隊を共同で組織しました。今回はその第2回目の発表を行います。(第1回は2004年5月25日)

日本英語交流連盟 会長 英 正道 氏 談
「この賞は英語のよくできる人が、それを見て大笑いしたり眉をしかめたりする様々な種類の〈びっくり英語〉を対象にしています。私ども日本人は、街角の宣伝文や商品名等に英語を使うとき、もう少し慎重に考えた方がいいのではないでしょうか。」

英語タウン・ドット・コム社 CEO ラッセル ウィリス氏 談
「今回は前回を上廻る反応がありました。この探検隊は英語をどのように、どこで使うべきかについて、皆さんの関心を深めることに役立つと思います。全くひどい英語をみつけてスポットライトをあてると同時に、素晴らしい創造的な英語を発表することで、日本で使われている英語が少しでも改善されることを希望しています。」

日本全国の外国人、日本人から百数十点の応募がありました。
六つの分野での賞の入賞者には現金2万円ずつの賞金が提供されます。なお、今回も大賞は該当者がありませんでした。

今回の審査員は以下の通り。(順不同、敬称略)

グラハム フライ 駐日英国大使
ピーター バラカン ジャーナリスト 評論家
石塚雅彦 元フォーリンプレスセンター専務理事
英 正道 日本英語交流連盟 会長
松平恒忠 日本英語交流連盟 専務理事
スーザン ミリントン  日本英語交流連盟 常務理事
ラッセル ウィリス 英語タウン・ドット・コム社長


第2回入賞の「びっくり英語」各賞は以下のとおり。


1. Sign Language Award (おしらせ英語賞)
"Please be careful to forget valuables."
2. Careful What You Say Award (ちょっと待ってください賞)
"Relax Place Pee Pee Kaa Kaa"
3. Non-Appetizing Award (食欲減退賞)
"The Dish of a Prejudice!"
4. Incomprehensible English Award (なんのことだかわかんない賞)
"Being Slovenly, there is no ginger it is. I having done now, Until it dies, the spare time crushing. I wanna be free!!!"
 
5. What's in a Name Award (ネーミングにはご注意賞)
(NHK's) BS News
6. Only in Japan Award (一生懸命訳しましました賞)
"Thank you for always using a restroom neatly. If there was a mat, the point that mind is with it please order it to a sales clerk. A restroom becomes a prohibition of smoking. Please refrain from a cigarette. The damage of a pervert goes in a peripheral district and now plain clothes policeman goes around it and hits caution Hello. In crime prevention the staff uses a restroom too. Please approve it I beg you to understand my position. - A store keeper"
7. Special Commendation (和製英語傑作賞)
"Cool Biz / Warm Biz"

1. Sign Language Award (おしらせ英語賞)
"Please be careful to forget valuables."
北海道のレストランで発見。英会長コメント「投稿者が指摘しているように、お店の人がお客さんが忘れた貴重品を売って、もうけようと思っているのかも。」
画像をみる
2. Careful What You Say Award (ちょっと待ってください賞)
"Relax Place Pee Pee Kaa Kaa"
沖縄県読谷村のリゾートホテルの入り口で発見。ウィリス社長コメント「どうしてこんな幼児語をこんなところに使う気になるんだろう。」このほかにも意図していないのに、ネイティブの人がギョっとするような下ネタの隠語になる英語を平気で使っている例が沢山寄せられました。
例:pussy, beaver, fruity(前回入賞)等。是非大きな辞書を引いてから使ってください。
画像をみる
3. Non-Appetizing Award (食欲減退賞)
"The Dish of a Prejudice!"
静岡駅のレストランの看板。バラカン氏コメント「いったいどんな料理でしょう? イマジネーションはふくらむばかり。」
尚、毎回ポカリスエット(Sweat)の投稿があります。
画像をみる
4. Incomprehensible English Award (なんのことだかわかんない賞)
"Being Slovenly, there is no ginger it is. I having done now, Until it dies, the spare time crushing. I wanna be free!!!"
仙台の劇場ロビーにあったチラシから。ウィリス社長コメント「いくら読んでもさっぱりわからない。もしかしたらコンピューターの翻訳マシンかな。もしそうだとしたらいかに自動翻訳機がまだまだ駄目という証拠。」No ginger は「しょうがない」? Spare Time Crushingは「ひまつぶし」?
画像をみる
5. What's in a Name Award (ネーミングにはご注意賞)
(NHK's) BS News
英会長コメント「BSはいろんな言葉の略字ですがBullshit(うそ・でたらめ)の略として一般的に使われており、もしその意味で使っているならNHKは大したもの。」
6. Only in Japan Award (一生懸命訳しましました賞)
"Thank you for always using a restroom neatly. If there was a mat, the point that mind is with it please order it to a sales clerk. A restroom becomes a prohibition of smoking. Please refrain from a cigarette. The damage of a pervert goes in a peripheral district and now plain clothes policeman goes around it and hits caution Hello. In crime prevention the staff uses a restroom too. Please approve it I beg you to understand my position. - A store keeper"
地方の電気器具店のトイレに通じるホールの張り紙。ウィリス社長コメント「日本人向けの細かい指示やお願いを英訳してみるとなんてあほらしくて不必要なことが沢山書いてあるんだろうと外国人は感じます。それにしてもこんな翻訳ではねえ。」
7. Special Commendation (和製英語傑作賞)
"Cool Biz / Warm Biz"
フライ大使の推薦で審査員が皆賛成した良き和製英語。クールビズの方が恰好よいというニュアンスもあってインパクトが強いと思われますが、クールビズ・ウォームビズあわせて日本人のビジネススーツに影響を与えているようです。
  選外佳作

1. "WASHED UP. This cup has been washed. Be relieved, and use it."
奈良のホテルの洗面所のコップのカバーにあった説明。

2. "Noncomburnable Garbage"
沖縄県の美浜のスターバックスの分別ごみ収納箱。

3. "Why is the curry very black? The curry by Frank Tei is a very black, painful taste. Another cannot eat this taste. This dish is being liked by a lot of people. President's most favorite food is a curry. The president developed this curry sticking to. The president was cooking the curry the day before when the Shimo-Kitazawa shop was opened. The flower of the friend and congratulation came to the shop. However the president did not consent to the taste of the curry. And the opening has been postponed. The president is sticking to the curry by there is such an episode. Curry with black legend. It softly cooks the onion and the boullion of the pain and beef is cooked for six hours. It is a blend doing 18 kinds of spices there, and it cooks for the day."
静岡駅のレストランの特別カレーの宣伝文。



英語って難しいものですね。